自分に合ったキーボードを選ぶための基礎知識

キーボードを選ぶ際には、「キーピッチ」と「キーストローク」という言葉を頭に入れておくことが大切です。漠然としたイメージはあっても、どのくらいのキーストロークを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
自分に合ったキーボードを選ぶために、知っておくべき基礎知識をご紹介するので参考にしてください。
・キーピッチ
隣り合う鍵盤の中心と、鍵盤の中心との距離のことをキーピッチといいます。
一般的なデスクトップパソコンで使用されているキーボードのキーピッチは、19mmが標準です。
この19mmが使いやすさの基準となっており、これより狭いキーピッチだと少し窮屈に感じてしまいます。
人によっては、キーピッチが狭い方が打ちやすい場合もありますが、慣れたサイズが一番なので今自分が使っているキーピッチを測定しておきましょう。
・キーストローク
キーを押したときの深さのことをキーストロークといいます。
一般的なデスクトップパソコンで使用されているキーボードのキーストロークは、3~4mmが標準です。
キーストロークが深ければ深いほど、しっかりとキーを押すことができ、入力ミスが少なくなりますが、同時に入力スピードも遅くなってしまいます。一方、キーストロークが浅いと、タイピングのスピードは速くなりますが、タイプミスが起こりやすくなります。
・キータイピング
あるキーを押すとそのキーに戻ることができるキーボードを「キータイピング」といいます。
キータイプには、メンブレン、パンタグラフ、メカニカルの3種類があり、それぞれ使用感が違います。
自分の好みに合ったキータイプを選びましょう。