札幌のタワマン価格が高騰!雪国の知られざる不動産価格高騰理由とは?

今日のニュースです。
札幌市内の新築分譲マンションは価格上昇が続いており、1戸あたりの規模は小さくなる傾向にありますが、価格が1億円を超える「億ション」の販売が好調で、市場価格を押し上げています。
今後も建築費の高騰などで高値が続くとみられ、かつてのバブル期を超える「天井知らず」の相場に警戒感がある。
百貨店が立ち並ぶ札幌駅前通りに面して建設中の「ライオンズタワー札幌」。高さ120メートル、28階建てのマンションタワーで、地下街や水族館、商業施設に直結しています。
最高価格は上層階の2部屋(約150平方メートル)で約3億3000万円で、2月に売り出した133戸のうち、5月の大型連休までに9割が申し込んだという。
運営会社の大京によると、購入者の7割は札幌や十勝管内の会社役員や開業医など道内の人たちだという。
「セカンドハウスとして購入される方が多いですね」と担当者。
札幌で建設会社を経営する58歳の男性は、「子供の頃からの夢だったデパートの近くに住みたい」と1億円超の3LDKマンションを契約した。
お子さんもすでに家を出て、ご夫婦で住まわれるそうです。
2030年に予定されている北海道新幹線の札幌延伸を見据え、札幌中心部では再開発が進み、地価は上昇傾向にあり、マンション価格の上昇圧力は高まるばかりです。
また、原油価格の高騰により鉄鋼やコンクリートなどの資材価格が上昇し、人手不足による人件費も高騰しています。建築費の高騰は今後も続くと予想されます。
北海道では、厳しい寒さの冬を快適に過ごすための住まいを切望する人が多くいます。
除雪や雪かきの必要がなく、広大な地下街に直結したマンションが望まれている。
これらの条件を満たす高層マンションが、札幌市中心部に2棟分譲されることになりました。
道民はこのようなマンションが希少であることを知っているので、高値でも飛ぶように売れている。
実は、純然たる地下街に直結したマンションは、過去にも未来にも存在しない。
その希少性は、多くの人が認めている。
新幹線が札幌に到着すれば、地下街直結のマンションの価値はさらに高まるという見方も多い。
つまり、今買っておけば、将来的に得をする。
これが高値で売れる理由です。
僕も一度でいいからタワマンに住んでみたいと思っています。
早くその夢が叶うといいなーと思います。
そのために日々精進したいと思います。