家族全員でご飯を食べたのだ

電話など書けるはずもないカラクリを見つけたいけどどんなに考えても分からないでもこの日不思議なことはそれだけでは終わらなかった。
その日の夜のこと家族全員父母俺弟の四人で晩飯を食べテレビを見ながらくつろいでいたところにけたたましく玄関を叩く音がしたすいませんすいませんと男の声何事ことを父親が玄関を開けると背の低い小太りの中年男が立っていた川に車が落ちて助けてください3はこんな感じで区切ったり形をしたなぜかとても不気味だった。
今まで出会ったことのないような見たことのない人間というかとにかくなんか不気味だったしかし無視するわけにはいかないので助けてあげることにみんなで懐中電灯をつけて外に出て車を見る赤い軽自動車の右タイヤが皮と言うか大きめの溝に落ちていた妄想